活動報告

蝶野さんが『人権フェスティバル岡山』でAED救急救命啓発トークショーを行いました

投稿日:2018年12月3日 更新日:

蝶野さんが12月2日、岡山ドームで開催された『第23回 人権フェスティバル岡山~笑顔でつながる みんなの未来~』において、「大切ないのちを守れ!蝶野正洋トークショー」を行いました。

今回のイベントは、岡山市の子供・家族が、いろいろな体験を通して人権を考えるイベントで、蝶野さんはトークショーにおいて「どんなときも相手を思いやる気持ちが大切」とコメント。さらに日本AED財団のAED大使を務め蝶野さんは、命を守るために知ってほしいこととしてAED救急救命の大切さについても言及。ステージでは日本赤十字社岡山県支部のスタッフがAEDの実演を行ってくれました。

岡山市では救急車到着は6分から8分かかるそうです。「救急救命の基本は声がけです。ただ、声がけは勇気がいりますし怖いと感じるかもしれません」という蝶野さんは「人助けは1人ではできません。困っている人がいれば応援を呼んで、みんなで助け合いましょう。また倒れている人がいれば、容態が急変するかもしれないので、119番に電話をしたあとにAEDを探して用意してください」と呼びかけました。

AED実演後には、子供たちにステージに上がってもらい、もしもの時に勇気をもって大きな声が出せるように「119番をよろしくお願いします」と、声がけの練習も行いました。

最後に締め括りとして集まった人たちへのメッセージを求められた蝶野さんは、こうコメントしました。

「西日本豪雨で岡山市もたくさんの被害があったと聞きました。災害時はもちろんのこと、普段の生活においても困った人がいれば差別することなく手を差しのべましょう」

なお、蝶野さんは、今回イベントで消防車を展示されていた岡山市消防局のブースを激励訪問しました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶野さんが日本気象協会推進『熱中症ゼロへ』プロジェクトで「2021熱中症予防PR大使」に就任

蝶野さんが一般財団法人 日本気象協会が推進する『熱中症ゼロへ』プロジェクトにおいて、「2021熱中症予防PR大使」に就任しました。同プロジェクトは、熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロに…続きを読む

消防応援団・蝶野正洋が企画&発案!書籍『防災減災119』が8月29日より発売

(公財)消防応援団&(一財)AED大使を務める蝶野さんが企画・発案を行い、防災アドバイザー加藤孝一さん(東京消防庁OB)が監修をした書籍『防災減災119』(発行:主婦の友インフォス/発売:主婦の友社)…続きを読む

蝶野さんが35周年記者会見で5/10日本消防会館(ニッショーホール)で社会啓発・プロレス35周年イベント『CHONO35』開催を発表

蝶野さんが2月11日に記者会見を開き、ゴールデンウイーク最終日にあたる5月10日(日)に、日本消防会館・ニッショウホールにおいて、社会啓発・プロレス35周年イベント『CHONO35』を開催することを発…続きを読む

蝶野さんが 全国老人福祉協議会主催の「第12回 介護作文・フォトコンテスト」アンバサダーに就任!

蝶野さんが公益社団法人 全国老人福祉協議会主催の「第12回介護作文・フォトコンテスト」アンバサダーに就任しました。 今回のメインテーマは『あなたの“声”が、未来を変える力(パワー)に!』。介護を受けて…続きを読む

大洗大使の蝶野さんが新大洗町長にリモートでご挨拶させていただきました

大洗大使の蝶野さんが、令和2年9月22日に大洗町長に就任された國井豊さんにご挨拶させていただきました。茨城県は独自の緊急事態宣言を発令しており、今回はリモートでの対応となりましたが、2人はコロナ禍が落…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook