活動報告

蝶野さんが『令和3年度市民協働フォーラム・多世代でつくる持続可能な岡山市』に特別府ゲスト出演しました

投稿日:

日本消防協会「消防応援団」&日本AED財団「AED大使」を務める蝶野さんが、11月23日に岡山国際交流センターで開催された、岡山市主催「第2次岡山市協働推進計画・令和3年度市民協働フォーラム~多世代でつくる持続可能な岡山市~」に特別ゲストとして参加しました。

地域防災・AED救急救命の啓発活動に取り組む蝶野さんは、対談『ボランティア活動で感じた地元(地域)の大切さ』、トークセッション『多世代でつくる岡山市』に出演。防災時・避難時には「自分に身は自分で守る」自助の大切さ、救急救命に際しては「いまは119番とAEDはセットと言われています。救急車の到着は全国平均で8分30秒で、その間に民間でできる救命処置としてAEDを使うときがあります。ただ、一人では何もできないので応援を呼んでください」と助け合い・思いやりの気持ちが大切と語りました。

また、ともに助け合う“協働”においては、蝶野さんは地域コミュニティが重要な役割を担うと捉えており、若い人がボランティア活動に参加することの意義については「ボランティア活動を行うと、たくさんの人が関わっていると知ることができます。またボランティアとして地域コミュニティ参加すればこれまで接点のない人、接点のなかった世代と交わるので勉強になります」と、そうしたことが多世代でつくる持続可能なまちづくりにつながっていくはずとの見解を示しました。

<第2次岡山市協働推進計画>
第2次岡山市協働推進計画とは、多様な主体との協働によって、地域での社会課題解決に向けた取り組みを推進させるもので、若者の地域活動への参加を促進し、協働の主体となる新たな担い手を育てるとともに、その活動を支援することを基本方針の1つとしています。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶野&武藤レジェンドトーク開催!プロレス35年をプレイバック&ボートレース桐生が災害時避難所であることを発信

蝶野さんが代表を務め、AED救急救命・地域防災の啓発活動を行う(一社)NWHスポーツ救命協会が、9月22日ボートレース桐生で開催された『ドラキリュウファミリーフェス』に協力させてもらいました。 『ドラ…続きを読む

いばらき大使・蝶野正洋が「Nursing now in IBARAKI~看護の心をみんなの心に~」で応援ビデオメッセージに協力

茨城県と公益社団法人茨城県看護協会では、コロナ禍の難局を乗り越え、高齢社会を支えていくためには、看護の心、助け合いの心を一人ひとりが世代に受け継いでいく必要があるとの意識のもと、中学生・高校生等に看護…続きを読む

【AEDN@VI 登録普及促進】AED財団大使・蝶野正洋からのメッセージ

(公財)日本AED財団が普及推進している、みんなでつくるAEDマップ「AED N@VI」の登録台数が5万台を突破しました。日本AED財団は全国50万台の登録を目指し、2020年7月4日から8月10日の…続きを読む

蝶野さんが9/15代々木公園『トラックフェスタ TOKYO 2019』で「安全・環境トークショー」に出演します

蝶野さんが、9月15日(日)に代々木公園で開催される『トラックフェスタ TOKYO 2019』(主催:一般社団法人 東京都トラック協会)に出演し、東京都トラック協会の方々と「安全・環境トークショー」を…続きを読む

蝶野さんが横浜防災フェア内の消防ブース等を見て回りました

DSC_2690 蝶野さんはラジオ公開収録後、横浜防災フェア内のブースと展示車両を見学。横浜市、横浜市消防局&横浜市消防団、神奈川県警察、自衛隊神奈川地方協力本部、第三管区海上保安本部など、国土交通省…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook