活動報告

蝶野さんがマルイシティ横浜で横浜市西消防団とトークイベントを行いました

投稿日:

(公財)日本消防協会「消防応援団」の蝶野さんが、12月1日にマルイシティ横浜において、横浜市西消防団と『消防団トークイベント』を行いました。

蝶野さんは、消防団の方々を「皆さんは、普段は仕事をしながら活動をされていて、市民ボランティアの代表のような存在。災害時は体を張って皆さんを守ってくれています」と”地域を守るヒーロー”として紹介。

横浜市西消防団は、定員230人に対し、現在は220人の団員が活動されているそうです。横浜市西区は横浜市で一番小さな区で、横浜駅周辺は商業施設やオフィスが多く住んでいる人が少ないことから、勤め先で消防団員になっている人も多いとのこと。

ステージには、イベント当日に団員になった大学生や女性消防団の方も登壇。女性団員は全体の40%を占めており、幅広い層の団員が「少しでも皆さんの役に立てれば」と定期的に訓練をされており、蝶野さんが防災における自助(自分の身は自分で守る)の大切さについて言及した際には「横浜駅は朝晩は人が多いので、何かあったときのために、どこに避難口があるか日頃から確認してもらえれば」とコメントされていました。

蝶野さんは横浜市西消防団の活動報告を聞き、次のようにコメントしました。

「救命、防災における消防団の役割はどんどん広がっています。その中で、みんなで助け合いましょうと、安心安全なまち作りに励んでおられていて、特に女性消防団員は救急救命の啓発に力を入れていると聞いています。ぜひ消防団の活動を通じて救命講習に興味を持ってもらえれば」

イベントでは、横浜市西消防団が、火災・地震災害のときに着用する、従来より軽くて動きやすくなった新型の防火衣の披露や団員募集の啓発活動なども行いました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶野さんが消防育英会に寄付金をお渡ししました

消防応援団の蝶野さんが3月8日、公益財団法人 消防育英会を訪れ、寄付金を秋本会長にお渡ししました。 現在、蝶野さんが代表を務めるアパレルブランドとマネージメント事業を行うアリストトリストは、NWHスポ…続きを読む

蝶野&武藤レジェンドトーク開催!プロレス35年をプレイバック&ボートレース桐生が災害時避難所であることを発信

蝶野さんが代表を務め、AED救急救命・地域防災の啓発活動を行う(一社)NWHスポーツ救命協会が、9月22日ボートレース桐生で開催された『ドラキリュウファミリーフェス』に協力させてもらいました。 『ドラ…続きを読む

蝶野さんが横須賀青年会議所主催オンライン講演『地域防災と地域コミュニティ』を行いました

蝶野さんが2月28日、公益社団法人横須賀青年会議所主催/横須賀市後援のもと、講演『蝶野正洋×地域防災×横須賀青年会議所 60分1本勝負』を行いました。蝶野さんは地域防災・AED救急救命の啓発活動を通じ…続きを読む

【AEDN@VI 登録普及促進】AED財団大使・蝶野正洋からのメッセージ

(公財)日本AED財団が普及推進している、みんなでつくるAEDマップ「AED N@VI」の登録台数が5万台を突破しました。日本AED財団は全国50万台の登録を目指し、2020年7月4日から8月10日の…続きを読む

蝶野さんが内閣府主催『令和2年度 男女共同参画社会づくりに向けての全国会議』で応援メッセージを発信しました

蝶野さんが6月29日、男女共同参画週間の中央行事として行われた、内閣府主催『令和2年度 男女共同参画社会づくりに向けての全国会議』に出席しました。 二児の父親として「仕事と子育ての両立」などの講演を行…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook