活動報告

蝶野さんがリバーウォーク北九州『蝶野正洋さんとAED・防災を学ぼう』に出演しました

投稿日:

日本消防協会「消防応援団」ならびに日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、10月1日、リバーウォーク北九州1Fミスティックコートで、小倉北消防署協力のもと開催された『蝶野正洋さんとAED・防災を学ぼう』に出演しました。

イベントはまず蝶野さんのトークが行われ、プロレスの試合で何度なく訪れている小倉での思い出話や、大晦日に放送されていた『ガキ使 笑ってはいけないSP』での収録裏話のこと、防災・救命の啓発活動を始めるに至った経緯などについて語りました。

その後、小倉北消防署の方々が登壇されて、心肺蘇生の手順とAEDの使い方を丁寧に説明。観覧者は「胸骨圧迫は強く、早く、絶え間なく続けて下さい」「胸骨圧迫の深さは5センチくらいで、テンポは1分間100~120回」といった説明に真剣に聞き入り、その後に行われた胸骨圧迫、AED体験に積極的に参加してくれました。

蝶野さんはAEDの普及啓発に加え、地域防災の啓発として「今年9月で関東大震災から100年ということで防災を考え直そうという動きが強まっています。関東大震災は火災の影響がひどかったと聞きますが、いまは地震がきても都市ガスは強い揺れの場合、自動的に止まります。いまは地震による停電からの再通電時による火災に気を付けるなど、対策も変わってきています。また、大きな災害のときは自助が大切です。救命は情報弱者を優先して助けますので、個々が情報をしっかりとっておけば消防の人たちも本当に助けが必要なところに駆けつけられます。まず自助。その次に困った人を助ける。これを機会に防災、救命を学んでもらえれば」とコメント。

なお、小倉市では救急車24台に対して年間6万回出動しており、消防の方からは救急車の適正利用のお願いと、台風や強い雨のときは、住んでいるところが違えば一人一人対策が違うので、命を守るために地域のことを知っておく必要性について説明がありました。

当日、ミスティックコート会場内では、小倉北消防署協力のもと消防車、救急車の展示、地震体験車、こども用防炎衣の試着なども行われました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶野さんが4月13日(水)18:00より、アクリエひめじ(中ホール)において、公益社団法人 姫路青年会議所主催 『4月オープン例会~危機迫る!備えよう!地域防災の大切さ~』で講演を行います

蝶野さんが4月13日(水)18:00より、アクリエひめじ(中ホール)において、公益社団法人 姫路青年会議所主催 『4月オープン例会~危機迫る!備えよう!地域防災の大切さ~』で講演を行います。 蝶野さん…続きを読む

軽井沢町防災減災大使の蝶野さんが、令和3年軽井沢町消防団リモート出初式でビデオメッセージを送らせていただきました

2020年11月9日(119番の日)に軽井沢町防災減災大使に就任した蝶野さんが、令和3年軽井沢町消防団リモート出初式にビデオメッセージを送らせていただきました。軽井沢町消防団リモート出初式は1月16日…続きを読む

蝶野さんが9/26新潟・佐渡島プロレス大会で新日プロ先輩・小杉俊二さんとトークバトル&「AED取り扱い講習」に参加!!

(公財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、9月26日(日) 14:30より新潟・佐渡市相川体育館で、現地の消防の協力のもと行われる『AED取り扱い講習』に参加します。講習は島民の皆さんはどなた…続きを読む

蝶野さんが志村消防署協力のもとイオン板橋ショッピングセンター『AED体験企画~もしもの時に役に立つ~蝶野正洋のイオンDE防災・救命119』に出演しました

(公財)日本消防協会「消防応援団」&(一財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、4月2日、志村消防署協力のもとイオン板橋ショッピングセンターで開催された『AED体験企画~もしもの時に役に立つ~蝶…続きを読む

no image

この度台風19号の被害に際し、心よりお見舞い申し上げます。 被害全容すら分からない状況 一日も早い復旧をお祈りいたします。 一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会

最近の投稿

Twitter

Facebook