活動報告

蝶野さんが『軽井沢町消防団ふれあいフェスティバル』でトークショーを行いました

投稿日:2019年10月6日 更新日:

(公財)日本消防協会「消防応援団」の蝶野さんが10月6日、軽井沢町中央公民館で開催された『軽井沢町消防団ふれあいフェスティバル』(主催:軽井沢町消防団・佐久広域連合、軽井沢消防署)において、スペシャルゲストとしてトークショーを行いました。

トークショーには軽井沢町長の藤巻さん、軽井沢消防団長の佐藤さん、軽井沢消防署長の佐藤さんらが出席。「地域防災」「浅間山」「消防団」「消防士」「AED」をキーワードにトークを行いました。

今回のイベントは、地域住民を対象とした火災予防(救急法)のPRと消防団員の加入促進を目的としたもので、多くの家族連れでにぎわう中、消防団長は「団員は少ないときは310人で、大きな災害のときは人数が必要。小さいこどもが大きくなったら消防団に入ると思ってもらいたい」とコメント。

町長は軽井沢には年間800万人以上の観光客が訪れ、浅間山が観光スポットになっているものの「浅間山からいろんな恩恵を受けていますが、爆破すると被害を受けてしまいます。一皮剥けば怖いと思って防災の訓練をしないと」と防災の必要性について語られていました。

また、軽井沢消防署はAED講習の受講を推進しており、「AEDがどこにあり、誰でも使えるということを講習をして知ってほしいですね。誰かが倒れているとき使う勇気を持ってほしいです」と呼びかけていました。

蝶野さんは「救急救命は初動の10分が大切。病院に運ぶまでの間に自分たちが出来ることを知ってほしい。自治体は防災マップなど公助は素晴らしいシステムができています。今回のイベントでそれを知るきっかけになってくれればと思いまし、自分たちから情報を取りに行ってもらえれば。大災害のときは消防・警察などができるのは最低限のケアになると思います。自分の身は自分で守る。皆さんにはぜひ自助の大切さを知ってもらえれば」と救命・防災の啓発を行いました。

また、トークショー後には、防災クイズを実施。蝶野さんが企画・発案した書籍『防災・減災119』等から出題を行い、優勝者には軽井沢消防署から防災グッズがプレゼントされました。



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶野さんがプロレス8団体レフェリー12名と普通救命講習を受講しました

(公財)日本消防協会「消防応援団」ならびに(一財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが10月1日、日本消防会館第2会議室で、芝消防署・芝消防団協力のもと、プロレス8団体のレフェリー12名と普通救命…続きを読む

消防応援団の蝶野さんがマルイファミリー海老名店イベントで消防団員募集チラシを配布

日本消防協力「消防応援団」の蝶野さんが、本日のマルイファミリー海老名店のイベントにおいて、総務省消防庁が提供してくださった「消防団員募集」のチラシを来場者に配布させて頂きました。

「JBPress」で蝶野さん企画・発案の書籍『防災減災119』を抜粋・再編集した企画を8/29より3回にわたり掲載!

蝶野さんが企画・発案を行った書籍『防災減災119』(発行:主婦の友インフォス/発売:主婦の友社)が本日8月29日(木)より全国書店にて販売開始いたしました。 今回、『防災減災119』販売開始にあわせて…続きを読む

蝶野さんが黒岩祐治神奈川県知事を表敬訪問しました

蝶野さんが本日、10月26日(土)小田原城址公園 二の丸広場で開催される『かながわ消防フェア2019 in 小田原城』(主催:神奈川県・小田原市)で「AED実演」コーナーに出演するにあたり、…続きを読む

蝶野さんがイオンタウン千種店で千種消防署・千石消防団協力のもと『蝶野正洋と一緒にAEDをもっと知ろう』を行いました

公益財団法人 日本消防協会「消防応援団」&一般財団法人 日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、4月27日、イオンタウン千種店において、千種消防署・千石消防団協力のもと『蝶野正洋と一緒にAEDをもっ…続きを読む