活動報告

蝶野さんがイオンモール北戸田で戸田市消防署協力のもと『AED体験イベント』を行いました

投稿日:

(公財)日本消防協会「消防応援団」&(一財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、11月9日、イオンモール北戸田において、戸田市消防署協力のもと『蝶野正洋の親子で学ぶAED講座』を行いました。

地域防災・AED救急救命の啓発活動に取り組んでいる蝶野さんは、台風被害が続いたことから、改めて自分の身は自分で守る“自助”の大切さを訴え、事前に各自治体が出しているハザードマップ等の情報を自ら取りにいくことを薦めました。また、「陳列棚が並ぶスーパーで買い物中に大きな地震が起きたとき」の対処法、「消火器で消火が困難な場合、屋内消火栓を使っていいのか?」といったクイズを通して、防災・救命の啓発も行いました。

AEDの実演では、戸田市消防署の方々が、心肺蘇生の手順とAEDの使い方を丁寧に説明。観覧者は「胸骨圧迫は強く、早く、絶え間なく続けて下さい」「胸骨圧迫のテンポは1分間100~120回」「AEDの操作は音声ガイダンスに従って下さい」「AEDは救急隊が到着するまでつけたままにして下さい」といった具体的な内容を真剣に聞き入り、胸骨圧迫、AEDの体験には積極的に参加してくれました。

戸田市消防署は予防救急に力を入れており、普通救命講習受講の推進を行っており、市内のコンビニにはAEDが設置されており、すぐに使えるようになっているのこと。救急車の要請は全国1日平均およそ17,400件で、これは5.0秒に1回出動していることになります。病院にたどりつくまでに現場できる対応として、蝶野さんは「一人で対応するのは大変。応援を呼んでください。みんなで協力して助ける気持ち大切です」とコメント。また、救急車をタクシー代わりに使う人もいるようで、本当に必要な人の所へ早く到着できるよう「救急車の適正利用」についても言及していました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大洗大使の蝶野さんが新大洗町長にリモートでご挨拶させていただきました

大洗大使の蝶野さんが、令和2年9月22日に大洗町長に就任された國井豊さんにご挨拶させていただきました。茨城県は独自の緊急事態宣言を発令しており、今回はリモートでの対応となりましたが、2人はコロナ禍が落…続きを読む

熱中症予防PR大使の蝶野さんが熱中症予防啓発ウチワを配布しました

(一財)日本気象協会推進プロジェクト「熱中症ゼロへ」で『熱中症予防PR大使』を務める蝶野さんが、8月25日、銀座フェニックスプラザ(紙パルプ会館)前に出店した「アリストトリストグッズ販売特設ブース」に…続きを読む

消防応援団の蝶野さんが京橋消防署提供の「消防団募集」「救命講習」チラシを配布しました

(公財) 日本消防協会「消防応援団」の蝶野さんが、8月25日、銀座フェニックスプラザ(紙パルプ会館)前に出店した「アリストトリストグッズ販売特設ブース」において、京橋消防署が提供してくださった「消防団…続きを読む

NWHスポーツ救命協会「第6回定例会・懇親会」を行いました。

当協会の第6回定例会・懇親会を、7月10日、クルーズクルーズTHE GINZAにて行いました。 定例会には当協会を支援してくださっている法人・個人の賛助会員をはじめ、蝶野さんが取り組んでいる地域防災・…続きを読む

蝶野さんが宮城県消防学校東京研修において講演を行いました

(公財)日本消防協会「消防応援団」の 蝶野さんが都内ホテルで、宮城県消防学校の東京研修において、研修中の学生たちに向けた講演「命を守る強さとはなにか~救急救命処置・地域防災のあり方~」を行いました。 …続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook