活動報告

AED大使の蝶野さんが 『日本救急医学会総会・学術集会』でトークショー「みんなで救おう!AEDと心臓突然死」にゲスト出演しました

投稿日:

蝶野さんが、10月4日東京国際フォーラムで開催された『日本救急医学会総会・学術集会 市民公開講座』(主催:日本救急医学会/共催:日本AED財団)において、トークショー「みんなで救おう!AEDと心臓突然死」にゲスト出演しました。

蝶野さんは慈恵医科大学救急医学講座教授ならびに日本AED財団理事・事務局長の武田聡さんと、心臓突然死の現状、AEDの効果・重要性、AEDがより使われる社会にするためのアイディアといったテーマについて話しました。

冒頭、蝶野さんはAED救急救命の啓発活動を行うようになった経緯を説明。武田先生のAED財団としては、小学生から教育の中にAEDを取り入れていきたい旨の発言を受けて、「学校の中で困っている人がいれば、子供たちには声をかける勇気を持ってほしいですね。競争論もあるけど助け合いも教えないと。思いやりが大切」と教育の現場でAEDを学ぶことの必要性について言及しました。

会場では、AED財団が制作した、AED無関心層をメインターゲットにサスペンスストーリーを進めながらAEDの使い方などの救命方法が学べるブラウザゲーム「心止村湯けむり事件簿 | AEDサスペンスドラマゲーム」がスクリーンで流され、蝶野さんは観覧者と一緒に参加。「素晴らしい内容ですね。名作です」とその出来栄えに驚いていました。

心止村湯けむり事件簿
http://aed-project.jp/sp/suspence-drama/

さらに、日本AED財団が日本に約60万あるとされるAEDを適切に現場に届け、一つでも多くの命を救うために開発したAEDマップ「AED N@VI」を紹介。ホームページを通じて登録されたボランティア(AEDサポーター)が、周囲のAED設置情報を投稿・共有できる仕組みで、集められたAEDの設置情報はオープンデータとして公開され、誰でも使えるようになります。

ステージで自身の携帯電話を使い、写真を撮影し、投稿するまでの手順を体験した蝶野さんは「これは簡単に投稿できて便利。AEDの有効活用のために、どんどん登録してほしいですね」と呼びかけました。

「AED N@VI」
https://aed-navi.jp/


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶野さんが10/6『軽井沢町消防団ふれあいフェスティバル』でトークショーに出演します

(公財)日本消防協会「消防応援団」の蝶野さんが10月6日(日)軽井沢町中央公民館で開催される『軽井沢町消防団ふれあいフェスティバル』(主催:軽井沢町消防団・佐久広域連合、軽井沢消防署)において、スペシ…続きを読む

9/22ボートレース桐生『ドラキリュウファミリーフェス』でNWHプレゼンツ「AED救急救命講習・蝶野&武藤トークショー・ZERO1プロレス&親子プロレス教室」を開催

蝶野さんが代表を務め、AED救急救命・地域防災の啓発活動を行う(一社)NWHスポーツ救命協会が9月22日(日)ボートレース桐生で開催される『ドラキリュウファミリーフェス』(入場無料)に協力します。 『…続きを読む

蝶野さんが川口市北消防署協力のもとイオン川口前川店で親子で学ぶAED講座』を行いました

(公財)日本消防協会「消防応援団」&(一財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、9月8日イオン川口前川店において、川口市北消防署上青木分署救急隊協力のもと『蝶野正洋の親子で学ぶAED講座』を行い…続きを読む

no image

蝶野さんが総務省消防庁『♯7119の全国展開に向けた検討部会』の委員に選ばれました

蝶野さんが総務省消防庁が実施する『♯7119 の全国展開に向けた検討部会』の委員に選ばれました。総務省消防庁では、不安を感じた住民の方々が、日本全国どこにいても専門家に相談して適切に救急車を利用できる…続きを読む

宮城県復興情報誌『NOW IS.』3/11最終号に蝶野さんの気仙沼訪問回が再掲載されています

宮城県内の復興の状況や復興に向けて取り組んでいる方々の「いま」の姿を紹介する宮城県復興情報誌『NOW IS.』が、東日本大震災から10年となる2021年3月11日発行号で終了することになり、最終号では…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook