活動報告

桐生市消防本部協力のもと「蝶野正洋と学ぶAED体験イベント」開催

投稿日:

蝶野さんが代表を務め、AED救急救命・地域防災の啓発活動を行う(一社)NWHスポーツ救命協会が、9月22日ボートレース桐生で開催された『ドラキリュウファミリーフェス』に協力させてもらいました。

『ドラキリュウファミリーFES』はボートレース桐生で毎年開催されているファミリー向けイベントで、今回はじめて防災・救命を組み込むことになり、NWHスポーツ救命協会プレゼンツとして「AED救急救命講習・トークショー・プロレス&親子プロレス教室」を行いました。

AED救急救命講習では、桐生市消防本部の協力のもと「蝶野正洋と学ぶAED体験イベント」を開催。桐生市消防本部は、救急車は8台保有しており、昨年の救急出動は7500回にもおよび、年間のAED使用は200回あったそうです。ただ、AEDの使い方はなかなか知られていないことから、心肺蘇生の手順とAEDの使い方を丁寧に説明されていました。

AEDの実演には蝶野さんも参加。桐生市消防本部の方々の「体が濡れていないか。濡れている場合は体を拭く」「ネックレスなど金属系のものは外す」「張り薬ははがす」「胸骨圧迫は深さは5㎝ほどで、強く、早く、絶え間なく」「テンポは1分間100~120回」といったポイントを聞きながら、胸骨圧迫とAEDの使い方を体験。その後、観覧者にステージに上がってもらいAEDの使い方を体験してもらいました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶野さんが公式Twitterライブ配信!9月1日「防災の日」について語っています

蝶野さんが9月1日、自身の公式Twitterで初めてのライブ配信を行いました。日本消防協会「消防応援団」&日本AED財団「AED大使」として地域防災&救急救命啓発活動に取り組んでいる蝶野さんが、9月1…続きを読む

蝶野さんが苫米地先生と対談『今、本当に求められる危機管理 〜ネット時代の防犯・防災 〜』を行いました

当協会代表の蝶野さんが「公益社団法人自由報道協会会長 苫米地英人特別講演会」に招かれ、認知科学者の苫米地英人さんと対談を行いました。対談は『今、本当に求められる危機管理 〜ネット時代の防犯・防災 〜』…続きを読む

no image

蝶野さんのインタビューが「ちよだボランティアセンター情報誌特別号」に掲載されています

ちよだボランティアセンター情報誌特別号に蝶野さんのインタビューが掲載されています。同情報誌は、地域や社会の様々な課題を住民自身が解決するために、多様な人々の活動を尊重し、連帯の力を高めることができるよ…続きを読む

蝶野さんが大分県&大分トリニータ防災啓発イベントで防災トークショーを行いました

日本AED財団・AED大使&日本消防協会・消防応援団の蝶野さんが、7月10日、昭和電工ドーム大分の大分トリニータ対浦和レッズ戦で、大分県&大分トリニータ主催の防災啓発イベント『おんせん県おおい…続きを読む

『蝶野正洋と共に始めよう「防災減災の市民啓発」スタートアップミーティング』を開催しました

NWHスポーツ救急救命協会が11月11日、大阪ガーデンパレスにおいて、『蝶野正洋と共に始めよう「防災減災の市民啓発」スタートアップミーティング』を開催しました。 今回の会合には、大阪において、蝶野さん…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook