活動報告

消防応援団の蝶野さんが越谷市消防本部を表敬訪問しました

投稿日:

(公財)日本消防協会・消防応援団の蝶野さんが、10月5日、越谷市消防本部を表敬訪問しました。

この日は蝶野さんのプロレスデビュー36周年にあたり、自身のYouTube【蝶野チャンネル】でデビュー戦会場の越谷市立第1体育館を訪問。収録後、隣接する越谷市消防本部に立ち寄り、越谷市消防本部の宮消防長をはじめとする職員の方々と、越谷市消防団の活動、蝶野さんが代表を務めるNWHスポーツ救命協会の防災・救命啓発活動等について懇談させていただきました。

越谷市消防本部でお聞きした、越谷市消防団の活動を紹介させていただくと、人口34万人を超える越谷市において、地域の安全・安心を守る中核的な担い手として、火災をはじめとする災害が発生したときには、常備消防と連携し、常に第一線で活躍。現在、越谷市消防団は12分団あり、内訳は11分団は男性団員構成で、1分団は女性団員で構成する「さくら分団」となっています。ただ、団員数は定員480人に対して、現状は基本団員384名、学生機能別団員20名の計404名(令和2年10月1日現在)と人員は不足しているため、団員募集ならびに団員のすそ野を広げるための広報活動を積極的に行っているそうです。

なお、学生機能別団員とは、全国において消防団員の高齢化や担い手が不足するなか、消防庁が2005年にその対策として作った制度で、越谷市消防団は、団員の確保と大規模災害時の対応力を強化することを目的として、平成30年4月に学生機能別団員を設置。市内にある埼玉県立大学、文教大学の学生を中心に、消防団行事における活動の紹介をはじめ、埼玉県や2大学と連携・協力し、避難所等における運営の補助活動を行っているとのことです。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

桐生市消防本部協力のもと「蝶野正洋と学ぶAED体験イベント」開催

蝶野さんが代表を務め、AED救急救命・地域防災の啓発活動を行う(一社)NWHスポーツ救命協会が、9月22日ボートレース桐生で開催された『ドラキリュウファミリーフェス』に協力させてもらいました。 『ドラ…続きを読む

蝶野さんが株式会社 あかりみらいの感染・防災啓発のイメージキャラクターになりました

蝶野さんが株式会社 あかりみらいの感染・防災啓発のイメージキャラクターになりました。 株式会社 あかりみらいは2012年に北海道で創業された企業で自治体・企業向けのコスト削減や危機管理のコンサルティン…続きを読む

蝶野AED大使が本日6/19ライブ配信の日本AED財団YouTube『AEDをもっと身近にキャンペーン2021』に出演します

日本AED財団YouTubeチャンネルでは、AEDについてより知っていただくためにYouTubeライブ企画『AEDをもっと身近にキャンペーン2021』を行います。YouTubeライブ企画第1弾は本日6…続きを読む

7/31 蝶野さんがYouTubeLive「蝶野ネットワーク119~20分1本勝負~」で第5回目ゲスト 気仙沼市消防団の方と対談しました

7月31日㈯、YouTube【蝶野チャンネル】配信『蝶野ネットワーク119~20分1本勝負~』! 第5回目、消防団コラボ!今回のゲストは気仙沼市消防団、団長 菊池賢一さん(下写真:前列真ん中)、第一分…続きを読む

東日本大震災から10年、忘れない  備えよう防災と減災

2011年3月11日の東日本大震災では、総務省消防庁によると、殉職者256名(行方不明2名)の消防団の方々が亡くなられました。発生時刻14:46は平日の昼間の時間帯であり、地震から津波襲来までの時間に…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook