活動報告

蝶野さんが『ドイツクリスマスマーケット in 都筑 2018』でAED体験イベントを行いました

投稿日:2018年12月8日 更新日:

公益財団法人 日本消防協会「消防応援団」&一般財団法人 日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、12月8日『ドイツクリスマスマーケット in 都筑 2018』において、都筑消防団、都筑消防署協力のもと「蝶野正洋のAED体験講習」を行いました。

AED救急救命の啓発活動を行っている蝶野さんは、まずはじめに救命処置の必要性について話しました。
「救急車の到着は全国平均で8分30秒という話です。倒れている人がいれば119に連絡、そして救急車が到着するまでに容態が急変するかもしれないので、すぐにAEDを用意しましょう。AEDを用意することで助かる命があります」

今回イベントに出演してくれた都筑消防団は、普段は火災、災害に備えた訓練・講習を行っており、団員全員が上級救命講習受講し、学校や企業等で定期的にAED講習を実施されているそうです。

特に女性団員は、広報や救急救命講習を積極的に行われており、今回のAED実演では女性団員の方々が中心となって、心肺蘇生の手順とAEDの使い方の説明。観覧者は「胸骨圧迫は強く、早く、絶え間なく」「テンポは1分間100~120回」「AEDの操作は音声ガイダンスに従えばいいので難しくはありません」「一人では救命はできません。命のリレーを行う仲間を募って下さい」といった説明に聞き入っていました。

そしてその後、ちびっ子たちにステージに上がってもらい、人形を使って胸骨圧迫を体験してもらいました。

蝶野さんは最後に「今回のイベントでAEDの使い方や人助けについて、少しでも感心を持ってもらえたら嬉しいですね。また、消防団員が地域を守るために、さまざまな市民活動をしていることを知って欲しいですし、感謝の気持ちも持ってもらえたらうれです」とコメントしました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶野さんがマルイファミリー溝口で高津消防団・高津消防署協力のもと『AED体験イベント』を行いました

(公財)日本消防協会「消防応援団」&(一財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、10月27日、マルイファミリー溝口において、高津消防団・高津消防署協力のもと『AED体験イベント』を行いました。 …続きを読む

蝶野さんが「地域防災サミットin茨城」に参加しました!

いばらき大使・大洗大使を務める蝶野さんが、7月6日、大洗港第四埠頭で開催された『大洗 海の月間』において、「地域防災サミットin茨城」を行いました。 蝶野さんは同協会を2014年に立ち上げて地域防災・…続きを読む

インスタLIVE『蝶野ネットワーク119~20分1本勝負~』がスタート!第1回消防団コラボで葛西消防団が登場!!

『蝶野ネットワーク119~20分1本勝負~』第1回ライブが、3月6日に蝶野正洋公式インスタグラムで配信されました。今回の企画は葛西消防団 第三分団 彦田好之分団長の発案によるもので、(公財)日本消防協…続きを読む

no image

この度台風19号の被害に際し、心よりお見舞い申し上げます。 被害全容すら分からない状況 一日も早い復旧をお祈りいたします。 一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会

♯7119の全国展開に向けた検討部会委員の蝶野さんが第3回部会に出席しました

蝶野さんが7月14日に行われた『♯7119の全国展開に向けた検討部会(第3回)』に出席しました。総務省消防庁が立ち上げた『♯7119 の全国展開に向けた検討部会』は、#7119 の必要性や効果、全国展…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook