活動報告

蝶野さんが千葉県柏市公式YouTubeチャンネル『【柏市消防局】AED GOと突然死』に出演しています

投稿日:

(公財)日本消防協会「消防応援団」ならびに(公財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、千葉県柏市公式YouTubeチャンネルで配信されている『【柏市消防局】AED GOと突然死』に出演しています。

柏市消防局は、一人でも多くの方を突然死から救うため、AEDの使用率向上のために、無料ダウンロードができるアプリケーション「AED GO」を開発。『【柏市消防局】AED GOと突然死』では、蝶野さんはナビゲーターとして、柏市消防局の方とともに突然死の現状と「AED GO」の説明を行っています。

【柏市消防局】AEDGOと突然死

「AED GO」の特徴は、スマートフォンのGPS機能を利用して,現在地から近くのAEDを簡単に探し出すことができます。もし外出先でAEDが必要になっても、スマートフォンに「AED GO」が入っていれば、簡単にAED を持ってくることができます。この「AED GO」に表示されるAEDは消防が事前に調査をして、緊急時には貸し出すことに同意頂いたものだけを表示しています。ですので、緊急時にAEDを貸してもらえるか心配しなくても大丈夫です。

「AED GO」のもう一つの特徴は、アプリをあらかじめ起動しておくと、近くで誰かが倒れたときに、救急車が出場するのとほぼ同時に、スマートフォンに「AEDを持って行ってくれませんか?」という通知が届きます。通知では,倒れた人の場所、そこまでの経路、そして近くにあるAEDの場所をお知らせします。通知といっても緊急地震速報のようなアラームが鳴る訳ではありません。メールやLINEのような通常の着信音で、もちろんマナーモードにすれば着信音を消すことができます。なお、アプリケーションは無料ですが通信費のみ自己負担となりますのでご注意ください。

【柏市消防局】AEDGO登録方法

【柏市消防局】AEDGO救命要請時の流れ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【AEDN@VI 登録普及促進】AED財団大使・蝶野正洋からのメッセージ

(公財)日本AED財団が普及推進している、みんなでつくるAEDマップ「AED N@VI」の登録台数が5万台を突破しました。日本AED財団は全国50万台の登録を目指し、2020年7月4日から8月10日の…続きを読む

蝶野さんが9/23「新潟県 防災コンファレンス」特別ゲストとして防災・減災パネルディスカッションに参加しました

日本消防協会「消防応援団」&日本AED財団「AED大使」を務める蝶野さんが9月23日(木・祝)公益社団法人日本青年会議所 北陸信越地区ブロック協議会主催の「新潟県 防災コンファレンス」の特別ゲストとし…続きを読む

蝶野さんが「地域防災サミットin茨城」に参加しました!

いばらき大使・大洗大使を務める蝶野さんが、7月6日、大洗港第四埠頭で開催された『大洗 海の月間』において、「地域防災サミットin茨城」を行いました。 蝶野さんは同協会を2014年に立ち上げて地域防災・…続きを読む

蝶野さんが保育員で防災減災講演を行いました

蝶野さんが、都内・どんぐり山保育園で『防災・救命講演』を行いました。参加者は保育園の保護者ということで、蝶野さんは「子どもがいる家庭での防災・救命」の話を中心に、自助・思いやりの大切さ、避難所生活での…続きを読む

蝶野さんが『トラックフェスタ TOKYO 2019』で「安全・環境トークショー」を行いました

蝶野さんが、代々木公園で開催された『トラックフェスタ TOKYO 2019』に出演し、(一社)東京都トラック協会の青年部・女性部・ロジスティックス研究会の方々と「安全・環境トークショー」を行いました。…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook