活動報告

蝶野さんが川口市北消防署協力のもとイオン川口前川店で親子で学ぶAED講座』を行いました

投稿日:

(公財)日本消防協会「消防応援団」&(一財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、9月8日イオン川口前川店において、川口市北消防署上青木分署救急隊協力のもと『蝶野正洋の親子で学ぶAED講座』を行いました。

蝶野さんははじめに救命処置の必要性について言及しました。
「救急車の到着は全国平均で8分30秒という話です。倒れている人がいれば119に連絡、そして救急車が到着するまでに容態が急変するかもしれないので、すぐにAEDを用意しましょう。AEDを用意することで助かる命があります」
「救命の基本は声がけです。人助けは1人ではできません。困っている人がいれば応援を呼んで、みんなで助け合いましょう」

今回、AED講座に協力してくれた上青木分署救急隊からは、60万人の川口市内の救命車の台数は現在13台で、年間29000回対応していることから、救急車の適正利用のお願いと、「心臓が止まっている人がいれば119番のあと、応急処置で救命率が大きく違ってくる」ことから救命講習受講の推奨をされていました。

AED実演コーナーでは、上青木分署救急隊の方々が心肺蘇生の手順とAEDの使い方を説明。「胸骨圧迫のテンポは1分間100~120回」「AEDの操作は音声ガイダンスに従えばいいので難しくはありません」「胸骨圧迫は救急隊が到着するまで続けて下さい」といった説明に聞き入っていました。その後、観覧者にステージに上がってもらいAEDの使い方を体験してもらいました。

イベントの最後にコメントを求められた蝶野さんは次のような発言をしました。

「自分はAED救急救命と地域防災防の啓発も行っています。イオン川口前川店周辺も川沿い、駅近く、住宅街と防災のあり方は少し距離が離れるだけで全部違います。各自治体が情報出しをしていますので、個々でチェックしてみてください。さきほど川口市の消防車の台数を知りました。大きな災害のとき救急車は数が限られますので自助が大切になってきます。自分の身は自分で守る意識を持つようにしましょう」


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

蝶野さんが11/20巣鴨警察署『大塚駅前地区における盛り場一斉合同パトロール』に参加します

蝶野さんが11月20日(水)、警視庁巣鴨警察署が実施する『大塚駅前地区における盛り場一斉合同パトロール』にゲストとして参加します。 警視庁では国内外の来訪者が安心して楽しめる、健全で魅力ある盛り場環境…続きを読む

蝶野さんが『SDGs PARK IN YOKOHAMA 2019』『地域防災・救命トークショー』を行いました

日本消防協会「消防応援団」&日本AED財団「AED大使」を務める蝶野さんが7/13横浜公園で開催された、自分たちの住み暮らす街の未来を考えるイベント『SDGs PARK IN YOKOHAMA 201…続きを読む

no image

蝶野さんが総務省消防庁『♯7119の全国展開に向けた検討部会』の委員に選ばれました

蝶野さんが総務省消防庁が実施する『♯7119 の全国展開に向けた検討部会』の委員に選ばれました。総務省消防庁では、不安を感じた住民の方々が、日本全国どこにいても専門家に相談して適切に救急車を利用できる…続きを読む

蝶野さんの短期連載『ウィズコロナ時代の防災最前線』が8/14~16の3日間WEBメディア「日刊サイゾー」に掲載されます

地域防災・AED救急救命の啓発に取り組んでいる蝶野さんのインタビューが、8月14日から16日の3日間、WEBメディア「日刊サイゾー」において、『ウィズコロナ時代の防災最前線』と題して短期集中連載として…続きを読む

消防応援団の蝶野さんが静岡市消防局提供・消防団員募集のチラシを配布しました

日本消防協会「消防応援団」の蝶野さんが、7月14日、静岡マルイ店で開催されたイベントにおいて、静岡市消防局提供の消防団員募集のチラシを配布しました!

最近の投稿

Twitter

Facebook