活動報告

蝶野さんがマルイファミリー溝口で高津消防団・高津消防署協力のもと『AED体験イベント』を行いました

投稿日:2019年10月28日 更新日:

(公財)日本消防協会「消防応援団」&(一財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、10月27日、マルイファミリー溝口において、高津消防団・高津消防署協力のもと『AED体験イベント』を行いました。

AED救急救命・地域防災の啓発活動に取り組んでいる蝶野さんは、高津消防団によるAEDの実演前、「救急救命で大切なことは声かけです。一人では何もできないので応援を呼んでください。心肺停止の場合、初動の10分が大切。救急車の到着は全国平均8分30秒といわれていますので、敏速な救命処置が求められます」とコメント。

そして、ステージに登場した高津消防団の方々は、「胸骨圧迫は強く、早く、絶え間く続けて下さい。深さは5センチくらいでないと心臓に達しません」「胸骨圧迫のテンポは1分間100~120回」「AEDの操作は音声ガイダンスに従って下さい」と心肺蘇生の手順とAEDの使い方を丁寧に説明。さらに、AED装着の際の注意点として「体は濡れていないか」「ネックレス等の金属類がついていないか」「湿布、膏薬等などはついていないか」の確認を挙げられていました。その後、人形を使った胸骨圧迫の体験には、多くの方が参加してくれました。

今回のイベントに協力をしてくれた高津消防団は、昭和22年に発足し、本団、高津分団、作延分団、橘分団の3個分団103名で組織されており、団員は男性92名、女性11名が所属。管轄は高津区全域で、団員は各々職業を持つかたわら火災、台風などの災害発生時には昼夜を問わず出動し、消防署の職員と街を守っています。

そのため日頃から、仕事の合間に放水訓練や、無線訓練、いつでも出動できるように消防車の点検などを行い非常時に備えており、平常時は、地域の防災訓練などで、住民に消火器の使用方法の指導や、町内会のお祭りやイベントなどの警備も行っていますが、現在は団員が定員に達しておらずイベントを通して団員の募集を行われていました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶野さんが9/2東京ビッグサイト『GOOD LIFE フェア 2023』で防災トークショーに出演します

(公財)日本消防協会・消防応援団の蝶野さんが、9月2日(土)12:30より、東京ビッグサイトで開催される『GOOD LIFE フェア 2023』(主催:朝日新聞)のステージにおいて『関東大震災から10…続きを読む

no image

蝶野さんが出席した第2回♯7119検討部会の議事録が消防庁HPに掲載されています

総務省消防庁の『♯7119 の全国展開に向けた検討部会』の委員を務める蝶野さんが6月17日に出席した、第2回♯7119検討部会の議事録が下記の消防庁HPに掲載されています。蝶野さんは、#7119への問…続きを読む

蝶野さんがイオンモール北戸田で戸田市消防署協力のもと『AED体験イベント』を行いました

(公財)日本消防協会「消防応援団」&(一財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、11月9日、イオンモール北戸田において、戸田市消防署協力のもと『蝶野正洋の親子で学ぶAED講座』を行いました。 地…続きを読む

蝶野さんが天神橋筋四番街商店街『防災・防犯について学ぼう』でトークショーを行いました

日本消防協会「消防応援団」&日本AED財団「AED大使」を務める蝶野さんが、6月16日、天神橋筋四番街商店街において開催された『防災・防犯について学ぼう』にゲスト出演しました。 天満駅前三角広場で行わ…続きを読む

いばらき大使・蝶野正洋が「Nursing now in IBARAKI~看護の心をみんなの心に~」で応援ビデオメッセージに協力

茨城県と公益社団法人茨城県看護協会では、コロナ禍の難局を乗り越え、高齢社会を支えていくためには、看護の心、助け合いの心を一人ひとりが世代に受け継いでいく必要があるとの意識のもと、中学生・高校生等に看護…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook