活動報告

蝶野さんが 全国老人福祉協議会主催の「第12回 介護作文・フォトコンテスト」アンバサダーに就任!

投稿日:

蝶野さんが公益社団法人 全国老人福祉協議会主催の「第12回介護作文・フォトコンテスト」アンバサダーに就任しました。

今回のメインテーマは『あなたの“声”が、未来を変える力(パワー)に!』。介護を受けているご本人やそのご家族、介護職の方、かつてのご経験者、また、介護を学んだり、考えたりしている多くの方々から、介護の未来を変えていくような、日本の介護をより素晴らしいものにするための意見や介護現場でのその瞬間を言葉や写真で募集します。

「第12回介護作文・フォトコンテスト」詳細

【応募期間】

令和元年7月17日(水)~9月9日(月)

【応募資格】

特に問いません(国籍、性別、年齢、職業不問)。受賞作はペンネームでの掲載も可能。

【応募部門】

<作文・エッセイ部門>

・1200字以内(原稿用紙、ワープロ原稿)

・縦、横書でも可。書式自由

・1人1作品まで

<フォト部門>

・JPEG形式10MB以内(紙焼きの場合はA4まで)

・タイトル、作品説明文を明記

・1人3作品まで

<キャッチフレーズ部門>

・募集テーマ:介護の「やりがい」「魅力」を伝えるもの。介護に関わる方々への「応援」「励まし」など、勇気の与えるもの。日本の介護を「こう変えていこう」という宣言、および提言など

・40文字以内

・1人1作品まで

【お問い合わせ】

第12回 介護作文・フォトコンテスト事務局

TEL:03-5843-9754(平日10:00~17:00)

公式URL:https://kaigo-contest2019.jp/

【主催】

公益社団法人 全国老人福祉協議会 http://www.roushikyo.or.jp /


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

桐生市消防本部協力のもと「蝶野正洋と学ぶAED体験イベント」開催

蝶野さんが代表を務め、AED救急救命・地域防災の啓発活動を行う(一社)NWHスポーツ救命協会が、9月22日ボートレース桐生で開催された『ドラキリュウファミリーフェス』に協力させてもらいました。 『ドラ…続きを読む

no image

この度台風19号の被害に際し、心よりお見舞い申し上げます。 被害全容すら分からない状況 一日も早い復旧をお祈りいたします。 一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会

蝶野さんが警視庁巣鴨警察署『大塚駅前地区における盛り場一斉合同パトロール』に参加しました!

蝶野さんが11月20日、警視庁巣鴨警察署『大塚駅前地区における盛り場一斉合同パトロール』に特別ゲストとして参加しました。 DSC_0005 警視庁では国内外の来訪者が安心して楽しめる、健全で魅力ある盛…続きを読む

【AEDN@VI 登録普及促進】AED財団大使・蝶野正洋からのメッセージ

(公財)日本AED財団が普及推進している、みんなでつくるAEDマップ「AED N@VI」の登録台数が5万台を突破しました。日本AED財団は全国50万台の登録を目指し、2020年7月4日から8月10日の…続きを読む

消防応援団の蝶野さんが越谷市消防本部を表敬訪問しました

(公財)日本消防協会・消防応援団の蝶野さんが、10月5日、越谷市消防本部を表敬訪問しました。 この日は蝶野さんのプロレスデビュー36周年にあたり、自身のYouTube【蝶野チャンネル】でデビュー戦会場…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook