活動報告

蝶野さんが6/5日本青年会議所 九州地区 福岡ブロック協議会主催『第50回福岡ブロック大会つくし大会』での「防災フォーラム・蝶野正洋のガッデム、生き残り塾!」に登場

投稿日:

蝶野さんが6月5日(日)プラム・カルコア大宰府で開催された、公益財団法人日本青年会議所 九州地区 福岡ブロック協議会主催『第50回福岡ブロック大会つくし大会』において、「防災フォーラム・蝶野正洋のガッデム、生き残り塾!」にパネリストとして出演しました。

防災フォーラムには、行政機関と協働して地域住民主体の防災・減災活動を実施している一般社団法人 九州防災パートナーズ代表理事の藤澤健児さんもパネリストとして参加。いま知っておきたい防災に必要な基本、対策方法などを学ぶディスカッションを行いました。

防災フォーラムでは、『自助』『共助』『公助』のそれぞれの説明を行う中で、自分の身は自分で守る「自助」の重要性をクローズアップ。蝶野さんは「大きな災害のときは消防、警察、自衛隊などの対応は限られてきます。最小限で回しているので、すべてをカバーするのは無理ですから、本当に困っている人を助ける形になります。ですので、誰かがやってくれる、誰かが助けてくれると思うのではなく、自分の身は自分で守る自助が大切です。自分が助かれば困っている人を助ける共助に協力もできます」とコメント。

フォーラムでは、2016年の熊本地震では亡くなった方の8割が災害関連死していることから、藤澤さんは「車中泊避難所の可能性」について言及され、また福岡県は大雨特別計画警報が5年連続で発令されており、いまからできる防災対策として「マイタイムライン(防災行動計画)」を意識づけることの提案なども行われました。

マイタイムラインは、台風、水害被害がくる可能性がある場合、どう避難すればいいか、何が必要かなど時系列的に計画を立てるもので、来場者にはスクリーンに映るQRコードを読み込んでもらい、携帯電話から「これまで取り組んだことのある防災対策」「マイタイムライン(防災行動計画)について」といった質問に答えもらうと、その場ですぐにデータ化。参加者に統計を見ながら防災について考えてもらう、きっかけ作りの場を提供しました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『蝶野正洋と共に始めよう「防災減災の市民啓発」スタートアップミーティング』を開催しました

NWHスポーツ救急救命協会が11月11日、大阪ガーデンパレスにおいて、『蝶野正洋と共に始めよう「防災減災の市民啓発」スタートアップミーティング』を開催しました。 今回の会合には、大阪において、蝶野さん…続きを読む

蝶野さんがイオンタウン千種店で千種消防署・千石消防団協力のもと『蝶野正洋と一緒にAEDをもっと知ろう』を行いました

公益財団法人 日本消防協会「消防応援団」&一般財団法人 日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、4月27日、イオンタウン千種店において、千種消防署・千石消防団協力のもと『蝶野正洋と一緒にAEDをもっ…続きを読む

消防応援団の蝶野さんが3/22配信YouTube神奈川県広報アニメ『かなかなかぞく』に登場!

(公財)日本消防協会「消防応援団」の蝶野さんが、3月22日よりYouTubeで配信されている神奈川県広報アニメ『かなかなかぞく』第53話にデフォルメキャラクター&実写登場しています!『かなかなかぞく』…続きを読む

蝶野さんが苫米地先生と対談『今、本当に求められる危機管理 〜ネット時代の防犯・防災 〜』を行いました

当協会代表の蝶野さんが「公益社団法人自由報道協会会長 苫米地英人特別講演会」に招かれ、認知科学者の苫米地英人さんと対談を行いました。対談は『今、本当に求められる危機管理 〜ネット時代の防犯・防災 〜』…続きを読む

熱中症予防PR大使の蝶野さんが熱中症予防啓発ウチワを配布しました

(一財)日本気象協会推進プロジェクト「熱中症ゼロへ」で『熱中症予防PR大使』を務める蝶野さんが、8月25日、銀座フェニックスプラザ(紙パルプ会館)前に出店した「アリストトリストグッズ販売特設ブース」に…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook