活動報告

AED大使の蝶野さんが 『日本救急医学会総会・学術集会』でトークショー「みんなで救おう!AEDと心臓突然死」にゲスト出演しました

投稿日:

蝶野さんが、10月4日東京国際フォーラムで開催された『日本救急医学会総会・学術集会 市民公開講座』(主催:日本救急医学会/共催:日本AED財団)において、トークショー「みんなで救おう!AEDと心臓突然死」にゲスト出演しました。

蝶野さんは慈恵医科大学救急医学講座教授ならびに日本AED財団理事・事務局長の武田聡さんと、心臓突然死の現状、AEDの効果・重要性、AEDがより使われる社会にするためのアイディアといったテーマについて話しました。

冒頭、蝶野さんはAED救急救命の啓発活動を行うようになった経緯を説明。武田先生のAED財団としては、小学生から教育の中にAEDを取り入れていきたい旨の発言を受けて、「学校の中で困っている人がいれば、子供たちには声をかける勇気を持ってほしいですね。競争論もあるけど助け合いも教えないと。思いやりが大切」と教育の現場でAEDを学ぶことの必要性について言及しました。

会場では、AED財団が制作した、AED無関心層をメインターゲットにサスペンスストーリーを進めながらAEDの使い方などの救命方法が学べるブラウザゲーム「心止村湯けむり事件簿 | AEDサスペンスドラマゲーム」がスクリーンで流され、蝶野さんは観覧者と一緒に参加。「素晴らしい内容ですね。名作です」とその出来栄えに驚いていました。

心止村湯けむり事件簿
http://aed-project.jp/sp/suspence-drama/

さらに、日本AED財団が日本に約60万あるとされるAEDを適切に現場に届け、一つでも多くの命を救うために開発したAEDマップ「AED N@VI」を紹介。ホームページを通じて登録されたボランティア(AEDサポーター)が、周囲のAED設置情報を投稿・共有できる仕組みで、集められたAEDの設置情報はオープンデータとして公開され、誰でも使えるようになります。

ステージで自身の携帯電話を使い、写真を撮影し、投稿するまでの手順を体験した蝶野さんは「これは簡単に投稿できて便利。AEDの有効活用のために、どんどん登録してほしいですね」と呼びかけました。

「AED N@VI」
https://aed-navi.jp/


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶野さんが山形・ヤマザワ北町店で地域防災トークイベントを行いました

蝶野さんが1月20日、山形・ヤマザワ北町店2F特設会場においてトークイベントを行いました。今回のトークイベントは、公益財団法人 日本消防協会「消防応援団」を務める蝶野さんが取り組まれている「地域防災」…続きを読む

蝶野さんが横浜防災フェア内の消防ブース等を見て回りました

DSC_2690 蝶野さんはラジオ公開収録後、横浜防災フェア内のブースと展示車両を見学。横浜市、横浜市消防局&横浜市消防団、神奈川県警察、自衛隊神奈川地方協力本部、第三管区海上保安本部など、国土交通省…続きを読む

蝶野さんが10/26『かながわ消防フェア2019 in 小田原城』でAED実演コーナーに出演します

蝶野さんが10月26日(土)小田原城址公園 二の丸広場で開催される『かながわ消防フェア2019 in 小田原城』(主催:神奈川県・小田原市)において、13:00よりステージ行われる「AED実演」のコー…続きを読む

名古屋市消防局発行「東海望楼」に蝶野さんのAEDイベントの模様が掲載されました

名古屋市消防局発行「東海望楼」7月号に、蝶野さんが4月にイオンタウン千種において、千石消防団・千種消防署協力のもとに実施された『蝶野正洋さんと一緒にAEDをもっと知ろう』の模様が掲載されました。

no image

雑誌『近代消防』11月号に『蝶野正洋と学ぼう!AED体験』が掲載されました

株式会社近代消防社が発行する雑誌『近代消防』11月号において、蝶野さんが出演した、9月の東京消防庁京橋消防署「救命防災フェア」で開催された『蝶野正洋と学ぼう!AED体験』の模様が掲載されています。 詳…続きを読む