活動報告

蝶野さんが『ドイツクリスマスマーケット in 都筑 2018』でAED体験イベントを行いました

投稿日:2018年12月8日 更新日:

公益財団法人 日本消防協会「消防応援団」&一般財団法人 日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、12月8日『ドイツクリスマスマーケット in 都筑 2018』において、都筑消防団、都筑消防署協力のもと「蝶野正洋のAED体験講習」を行いました。

AED救急救命の啓発活動を行っている蝶野さんは、まずはじめに救命処置の必要性について話しました。
「救急車の到着は全国平均で8分30秒という話です。倒れている人がいれば119に連絡、そして救急車が到着するまでに容態が急変するかもしれないので、すぐにAEDを用意しましょう。AEDを用意することで助かる命があります」

今回イベントに出演してくれた都筑消防団は、普段は火災、災害に備えた訓練・講習を行っており、団員全員が上級救命講習受講し、学校や企業等で定期的にAED講習を実施されているそうです。

特に女性団員は、広報や救急救命講習を積極的に行われており、今回のAED実演では女性団員の方々が中心となって、心肺蘇生の手順とAEDの使い方の説明。観覧者は「胸骨圧迫は強く、早く、絶え間なく」「テンポは1分間100~120回」「AEDの操作は音声ガイダンスに従えばいいので難しくはありません」「一人では救命はできません。命のリレーを行う仲間を募って下さい」といった説明に聞き入っていました。

そしてその後、ちびっ子たちにステージに上がってもらい、人形を使って胸骨圧迫を体験してもらいました。

蝶野さんは最後に「今回のイベントでAEDの使い方や人助けについて、少しでも感心を持ってもらえたら嬉しいですね。また、消防団員が地域を守るために、さまざまな市民活動をしていることを知って欲しいですし、感謝の気持ちも持ってもらえたらうれです」とコメントしました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶野さんが2/20松本広域連合 広友会で講演を行いました

蝶野さんが2月20日、松本広域連合 広友会『教養研修会』において、講演「I am CHONO!自己プロデュースの仕方」を行いました。 松本広域連合は消防・介護・観光の仕事をしている地方自治体で、広友会…続きを読む

蝶野さんがイオンモール津田沼で習志野市消防署、習志野市消防団協力のもと『AED体験イベント』を行いました

(公財)日本消防協会「消防応援団」&(一財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、11月9日、イオンモール津田沼において、習志野市消防署、習志野市消防団協力のもと『蝶野正洋の親子で学ぶAED講座』…続きを読む

蝶野さんが神奈川県オリジナルアニメ「かなかなかぞく」の収録を行いました。

(公財)日本消防協会で消防応援団を務める蝶野さんが、神奈川県オリジナルアニメ「かなかなかぞく」の収録を行いました。 「かなかなかぞく」は神奈川県の重点的な政策テーマを、若年層(小・中学生)を対象にアニ…続きを読む

消防応援団の蝶野さんが『令和元年度全国消防団員意見発表会』で審査員を務めました

(公財)日本消防協会「消防応援団」の蝶野さんが、12月20日、中央合同庁舎講堂で開催された『令和元年度全国消防団員意見発表会』に審査員として出席しました。 同発表会は消防庁が毎年主催しており、消防団活…続きを読む

6/11 蝶野さんが賢者の選択リーダーズ倶楽部、第51回例会で講演を行いました

6月11日、蝶野さんが賢者の選択リーダーズ倶楽部第51回例会で講演【安心・安全なコミュニティの在り方 ~地域防災・救命・除菌について考える~】を行いました。 防災時、避難時に大切な自助・共助・公助とい…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook