活動報告

蝶野さんがイオンモール幕張新都心店『親子で学ぶAED講座』に出演しました

投稿日:

(公財)日本消防協会「消防応援団」&(公財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、千葉市消防局美浜消防署協力のもと、4月29日イオンモール幕張新都心店で開催された『蝶野正洋親子で学ぶAED講座』に出演しました。

蝶野さんはイベントにおいて「救急救命で大切なことは声かけです。一人では何もできないので応援を呼んでください。また119番の際はAEDを用意してください。いまは119番とAEDはセットと言われています。救急車の到着は全国平均8分といわれていますので、敏速な救命処置が求められます」と発言。

AEDの実演では、美浜消防署の方々が、心肺蘇生の手順とAEDの使い方を丁寧に説明。観覧者は「胸骨圧迫のテンポは1分間100回以上」「パットは肌に直接着けてください」「AEDの操作は音声ガイダンスに従って下さい」「救命対応は救急車が到着するまで続けてください」といった説明を真剣に聞き入り、AEDの体験には親子が積極的に参加してくれました。

蝶野さんは最後に「知識があれば困っている人の手助けができます。是非、救命講習を受けて、救急救命、AEDの輪を広げてもらえれば」とコメント。

美浜消防署では、救命効果を向上させるために、バイスタンダー(そばに居合わせた人)による応急手当の実施率向上を目指しており、「救命講習に興味がある方は、消防署で講習を行っていますので、お問い合わせください」と呼び掛けていました。

※イベントは新型コロナウィルス感染拡大防止対策、ソーシャルディスタンスを行って実施されました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NWHスポーツ救命協会「第6回定例会・懇親会」を行いました。

当協会の第6回定例会・懇親会を、7月10日、クルーズクルーズTHE GINZAにて行いました。 定例会には当協会を支援してくださっている法人・個人の賛助会員をはじめ、蝶野さんが取り組んでいる地域防災・…続きを読む

消防応援団の蝶野さんが『平成30年度全国消防団員意見発表会』の審査員を務めました

日本消防協会「消防応援団」の蝶野さんが、2月10日に開催された『平成30年度全国消防団員意見発表会』に審査員として出席しました。 全国消防団員発表会は、消防庁が毎年主催しており、消防団活動の一層の推進…続きを読む

『広報かるいざわ』で軽井沢町防災減災大使・蝶野正洋の「防災減災一問一答」がスタート

軽井沢町防災減災大使の蝶野さんが、軽井沢町の暮らしの情報や観光・文化財・イベントなど、さまざまな情報が掲載されている『広報かるいざわ7月号』(令和3年7月1日発行)に登場しています。蝶野さんは今後、『…続きを読む

宮城県復興情報誌『NOW IS.』3/11最終号に蝶野さんの気仙沼訪問回が再掲載されています

宮城県内の復興の状況や復興に向けて取り組んでいる方々の「いま」の姿を紹介する宮城県復興情報誌『NOW IS.』が、東日本大震災から10年となる2021年3月11日発行号で終了することになり、最終号では…続きを読む

「JBPress」で蝶野さん企画・発案の書籍『防災減災119』を抜粋・再編集した企画を8/29より3回にわたり掲載!

蝶野さんが企画・発案を行った書籍『防災減災119』(発行:主婦の友インフォス/発売:主婦の友社)が本日8月29日(木)より全国書店にて販売開始いたしました。 今回、『防災減災119』販売開始にあわせて…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook