活動報告

蝶野さんがイオンモール津田沼『イオン防災・救命119 オープンキャンパス』に出演しました

投稿日:2023年8月30日 更新日:

(公財)日本消防協会「消防応援団」&(公財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、8月26日、イオンモール津田沼で開催された『2023年関東大震災100年 今こそ考えよう防災+備蓄』において、習志野市消防本部協力のもと行われた『イオン防災・救命119 オープンキャンパス』に出演しました。

イベントではまず、習志野市消防本部のスタッフが100年前の関東大震災の規模、被害について説明。今後起こり得る首都直下地震に備えて、災害から身を守るために「自助」「共助」「公助」について考えました。

蝶野さんは「行政は市民のために一生懸命にやってくれていますが、大きな災害のときは最小限で回しているためすべてをカバーするのは無理なので、病気の人、高齢者、障がい者、子供といった本当に困っている人を助ける形になります。誰かが助けてくれると思うのではなく、自分の身は自分で守る自助が大切です」とコメント。また自助については、習志野市消防本部から『避難グッズや食料の準備』『地震が起きた際の行動や避難経路を家族と話し合う』などの地震発生前の取り組みや、関東大震災では火事の犠牲者が多かったことから、火災予防対策などについての説明がありました。

ステージには今回のイベントに協力をしている習志野屋敷郵便局の局長が登壇し、郵便局が地域の方のために取り組む避難所生活でのサービスとして、「避難先に荷物をお届けすること」「 通帳を失くされても一定額までは預金を引き下ろしができるように対応させていただくこと」「災害に備えて、ご自身やご家族にとって大切なものを頑丈な専用ボックスに入れて、自宅から離れた地盤の強い倉庫で預かりする『防災ゆうストレージ』を行っていること」を語られました。

他人の命を守るための『共助』を学ぶAEDの実演では、習志野市消防本部の方が、心肺蘇生の手順とAEDの使い方を丁寧に説明。観覧者は「胸骨圧迫は強く、早く、絶え間なく続けて下さい」「胸骨圧迫の深さは5センチくらいで、テンポは1分間100~120回」といった説明に真剣に聞き入り、その後に行われた胸骨圧迫、AED体験に積極的に参加してくれました。

なお、イオンの店舗は、災害などが発生したとき、地域の皆さんのお役に立てるよう、地方自治体と協力支援を約束する防災協力協定の締結を全国で進めており、災害時の救援物資の供給、避難場所として駐車場の提供、防災訓練の共同実施など、地域の防災活動に協力をしています。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶野さんが公式Twitterライブ配信!9月1日「防災の日」について語っています

蝶野さんが9月1日、自身の公式Twitterで初めてのライブ配信を行いました。日本消防協会「消防応援団」&日本AED財団「AED大使」として地域防災&救急救命啓発活動に取り組んでいる蝶野さんが、9月1…続きを読む

蝶野さんが一般社団法人 日本チェーンドラッグストア協会を表敬訪問しました

蝶野さんが一般社団法人 日本チェーンドラッグストア協会を表敬訪問しました。一般社団法人 日本チェーンドラッグストア協会は、蝶野さんが代表理事を務めるNWHスポーツ救命協会を法人賛助会員としてサポートし…続きを読む

蝶野さんが『トラックフェスタ TOKYO 2019』で「安全・環境トークショー」を行いました

蝶野さんが、代々木公園で開催された『トラックフェスタ TOKYO 2019』に出演し、(一社)東京都トラック協会の青年部・女性部・ロジスティックス研究会の方々と「安全・環境トークショー」を行いました。…続きを読む

蝶野さんが6/4越谷レイクタウン防災フェス2022で『AED体験企画~もしもの時に役に立つ~蝶野正洋のイオンDE防災・救命119』に出演します

日本消防協会「消防応援団」ならびに日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、6月4日(土)13:00より、越谷レイクタウンエリアで開催される『レイクタウン防災フェス2022』において、越谷市消防局協力…続きを読む

日本除菌連合アンバサダーの蝶野さんが10/23札幌『第2回次亜塩素酸水溶液学会』で講演を行います

日本除菌連合アンバサダーの蝶野さんが、10月23日(土)10:00より札幌・道新ホールで開催される『第2回次亜塩素酸水溶液学会』にスペシャルゲストとして登壇し、講演「地域防災・救命啓発活動から学んだ自…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook