活動報告

蝶野さんが戸塚モディで戸塚消防団・戸塚消防署協力のもと『AED体験イベント』を行いました

投稿日:2019年9月16日 更新日:

(公財)日本消防協会「消防応援団」&(一財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、9月16日、戸塚モディにおいて、戸塚消防団・戸塚消防署協力のもと『AED体験イベント』を行いました。

AED救急救命の啓発活動に取り組んでいる蝶野さんは、来場者にまず最初に知ってほしいこととして「救急救命で大切なことは声かけです。一人では何もできないので応援を呼んでください。心肺停止の場合、初動の10分が大切。救急車の到着は全国平均8分30秒といわれていますので、敏速な救命処置が求められます」とコメント。

AEDの実演では、戸塚消防団の女性団員の方々が、心肺蘇生の手順とAEDの使い方を丁寧に説明。来場者は「胸骨圧迫は強く、早く、絶え間く続けて下さい。深さは5センチくらいでないと心臓に達しません」「胸骨圧迫のテンポは1分間100~120回」「AEDの操作は音声ガイダンスに従って下さい」「胸骨圧迫は救急隊が到着するまで続けて下さい」といった具体的な内容を真剣に聞き入り、胸骨圧迫、AEDの体験には積極的に参加してくれました。

蝶野さんは、体験コーナー参加者に「救急車がくるまでの8分30秒の間、1分間100~120回の胸骨圧迫を1人で続けるのは大変です。協力者と交代しながら続けて下さい」「AEDはスーパーコンピューターです。パットをつければ心臓の動きを自動解析し、電気ショックが必要な人にのみ電気ショックを流す仕組みになっています」と声をかけながら、戸塚消防団の皆さんと一緒にAED救急救命の啓発を行いました。

そして、イベントの最後に蝶野さんは次のようにコメントしました。
「女性に対してAEDを使用する場合は、人で壁をつくって周囲の目をさえぎるなどの配慮も必要です。人助けは思いやりの心が大切です」

なお、嬉しいサプライズとして、イベント終了後、明日が誕生日の蝶野さんのためにと、戸塚消防団&戸塚消防署の方々がステージで、バースデーソング「Happy birthday to you」を唄ってくれました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

桐生市消防本部協力のもと「蝶野正洋と学ぶAED体験イベント」開催

蝶野さんが代表を務め、AED救急救命・地域防災の啓発活動を行う(一社)NWHスポーツ救命協会が、9月22日ボートレース桐生で開催された『ドラキリュウファミリーフェス』に協力させてもらいました。 『ドラ…続きを読む

蝶野さんが大分県&大分トリニータ防災啓発イベントで防災トークショーを行いました

日本AED財団・AED大使&日本消防協会・消防応援団の蝶野さんが、7月10日、昭和電工ドーム大分の大分トリニータ対浦和レッズ戦で、大分県&大分トリニータ主催の防災啓発イベント『おんせん県おおい…続きを読む

♯7119の全国展開に向けた検討部会委員の蝶野さんが第3回部会に出席しました

蝶野さんが7月14日に行われた『♯7119の全国展開に向けた検討部会(第3回)』に出席しました。総務省消防庁が立ち上げた『♯7119 の全国展開に向けた検討部会』は、#7119 の必要性や効果、全国展…続きを読む

名古屋市消防局発行「東海望楼」に蝶野さんのAEDイベントの模様が掲載されました

名古屋市消防局発行「東海望楼」7月号に、蝶野さんが4月にイオンタウン千種において、千石消防団・千種消防署協力のもとに実施された『蝶野正洋さんと一緒にAEDをもっと知ろう』の模様が掲載されました。

蝶野さんがAED大使を務める日本AED財団よりアプリ「救命サポーター team ASUKA」がリリースされました

蝶野さんAED大使を務める公益財団法人 日本AED財団が、9月30日、突然の心停止に備えて、救命活動を身近に感じ、楽しく学べることのできるアプリ「救命サポーター team ASUKA」をリリースしまし…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook