活動報告

蝶野さんが『軽井沢町消防団ふれあいフェスティバル』でトークショーを行いました

投稿日:2019年10月6日 更新日:

(公財)日本消防協会「消防応援団」の蝶野さんが10月6日、軽井沢町中央公民館で開催された『軽井沢町消防団ふれあいフェスティバル』(主催:軽井沢町消防団・佐久広域連合、軽井沢消防署)において、スペシャルゲストとしてトークショーを行いました。

トークショーには軽井沢町長の藤巻さん、軽井沢消防団長の佐藤さん、軽井沢消防署長の佐藤さんらが出席。「地域防災」「浅間山」「消防団」「消防士」「AED」をキーワードにトークを行いました。

今回のイベントは、地域住民を対象とした火災予防(救急法)のPRと消防団員の加入促進を目的としたもので、多くの家族連れでにぎわう中、消防団長は「団員は少ないときは310人で、大きな災害のときは人数が必要。小さいこどもが大きくなったら消防団に入ると思ってもらいたい」とコメント。

町長は軽井沢には年間800万人以上の観光客が訪れ、浅間山が観光スポットになっているものの「浅間山からいろんな恩恵を受けていますが、爆破すると被害を受けてしまいます。一皮剥けば怖いと思って防災の訓練をしないと」と防災の必要性について語られていました。

また、軽井沢消防署はAED講習の受講を推進しており、「AEDがどこにあり、誰でも使えるということを講習をして知ってほしいですね。誰かが倒れているとき使う勇気を持ってほしいです」と呼びかけていました。

蝶野さんは「救急救命は初動の10分が大切。病院に運ぶまでの間に自分たちが出来ることを知ってほしい。自治体は防災マップなど公助は素晴らしいシステムができています。今回のイベントでそれを知るきっかけになってくれればと思いまし、自分たちから情報を取りに行ってもらえれば。大災害のときは消防・警察などができるのは最低限のケアになると思います。自分の身は自分で守る。皆さんにはぜひ自助の大切さを知ってもらえれば」と救命・防災の啓発を行いました。

また、トークショー後には、防災クイズを実施。蝶野さんが企画・発案した書籍『防災・減災119』等から出題を行い、優勝者には軽井沢消防署から防災グッズがプレゼントされました。



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶野さんが(一財)日本寄付財団の「認定アンバサダー」に就任しました

一般社団法人NWHスポーツ救命協会代表理事の蝶野さんが、4月6日、「寄付」を起点に日本社会を変革することを目指す一般財団法人 日本寄付財団の認定アンバサダーに就任しました。人命、地域を守るために、「思…続きを読む

no image

この度台風19号の被害に際し、心よりお見舞い申し上げます。 被害全容すら分からない状況 一日も早い復旧をお祈りいたします。 一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会

蝶野さんが日本消防協会秋本会長と谷防災担当大臣を表敬訪問しました

公益財団法人 日本消防協会「消防応援団」として防災・救命の啓発活動に取り組んでいる蝶野さんが、日本消防協会の秋本敏文会長と、谷公一防災担当大臣を表敬訪問しました。 関東大震災から今年で100年。地域防…続きを読む

蝶野さんが9/10イオンモール津山『蝶野正洋・防災救命119オープンキャンパス』に出演します

日本消防協会「消防応援団」ならびに日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、9月10日(日)14:00より、イオンモール津山1F中央エスカレーターAで、津山圏域消防組合 東消防署協力のもと開催される『…続きを読む

いばらき大使・蝶野正洋が「Nursing now in IBARAKI~看護の心をみんなの心に~」で応援ビデオメッセージに協力

茨城県と公益社団法人茨城県看護協会では、コロナ禍の難局を乗り越え、高齢社会を支えていくためには、看護の心、助け合いの心を一人ひとりが世代に受け継いでいく必要があるとの意識のもと、中学生・高校生等に看護…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook