活動報告

AED大使の蝶野さんが佐渡市消防本部協力『AED取り扱い講習』に参加しました

投稿日:2021年9月26日 更新日:

9月26日、新潟・佐渡市相川体育館において、佐渡市消防本部の協力のもと、(公財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが参加する『AED取り扱い講習』が開催されました。リングに登壇した蝶野さんは「心配停止の場合は初動が大切。救急車の到着は全国平均で8分30秒と言われています。その間に民間でできる救命処置としてAEDを使うときがあります。ただ、倒れている人がいたとき、一歩を踏み出すには勇気が必要。ただ、救命の知識がないと、どうしょう?と慌ててしまうし、近寄るのを躊躇ってしまう。知識があれば勇気も出ます。今日の講習でAEDの取り扱い方を学んでいってください」とコメント。

その後、佐渡市消防本部の方々がリング上から心肺蘇生の手順とAEDの使い方を観覧者に丁寧に説明。「胸骨圧迫は、強く、早く、絶えまなく続けてください」「胸骨圧迫のテンポは1分間100~120回」といった重要ポイントに加えて、コロナ禍においては飛沫対策として、意識の確認の際に倒れている人の顔と救助者の顔があまり近づきすぎないようする、ハンカチやタオルなどを倒れた人の鼻と口にかぶせるといった説明も。さらにリング上では、当日のプロレス大会を主催するAWGPのスタッフが、佐渡市消防本部のサポートを受けてAEDの使い方などを体験されました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶野さんが『人権フェスティバル岡山』でAED救急救命啓発トークショーを行いました

蝶野さんが12月2日、岡山ドームで開催された『第23回 人権フェスティバル岡山~笑顔でつながる みんなの未来~』において、「大切ないのちを守れ!蝶野正洋トークショー」を行いました。 今回のイベントは、…続きを読む

蝶野さんが大分県&大分トリニータ防災啓発イベントで防災トークショーを行いました

日本AED財団・AED大使&日本消防協会・消防応援団の蝶野さんが、7月10日、昭和電工ドーム大分の大分トリニータ対浦和レッズ戦で、大分県&大分トリニータ主催の防災啓発イベント『おんせん県おおい…続きを読む

蝶野さんが35周年記者会見で5/10日本消防会館(ニッショーホール)で社会啓発・プロレス35周年イベント『CHONO35』開催を発表

蝶野さんが2月11日に記者会見を開き、ゴールデンウイーク最終日にあたる5月10日(日)に、日本消防会館・ニッショウホールにおいて、社会啓発・プロレス35周年イベント『CHONO35』を開催することを発…続きを読む

蝶野さんが11/9イオンモール津田沼で『蝶野正洋の親子で学ぶAED講座』&書籍『防災減災119』購入者対象撮影会開催

日本消防協会「消防応援団」ならびに日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、11月9日(日)15:00より、イオンモール津田沼 1Fさくら公園側特設会場において、習志野消防本部、習志野市消防団協力のも…続きを読む

蝶野さんが『SDGs PARK IN YOKOHAMA 2019』『地域防災・救命トークショー』を行いました

日本消防協会「消防応援団」&日本AED財団「AED大使」を務める蝶野さんが7/13横浜公園で開催された、自分たちの住み暮らす街の未来を考えるイベント『SDGs PARK IN YOKOHAMA 201…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook