活動報告

AED大使の蝶野さんが佐渡市消防本部協力『AED取り扱い講習』に参加しました

投稿日:2021年9月26日 更新日:

9月26日、新潟・佐渡市相川体育館において、佐渡市消防本部の協力のもと、(公財)日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが参加する『AED取り扱い講習』が開催されました。リングに登壇した蝶野さんは「心配停止の場合は初動が大切。救急車の到着は全国平均で8分30秒と言われています。その間に民間でできる救命処置としてAEDを使うときがあります。ただ、倒れている人がいたとき、一歩を踏み出すには勇気が必要。ただ、救命の知識がないと、どうしょう?と慌ててしまうし、近寄るのを躊躇ってしまう。知識があれば勇気も出ます。今日の講習でAEDの取り扱い方を学んでいってください」とコメント。

その後、佐渡市消防本部の方々がリング上から心肺蘇生の手順とAEDの使い方を観覧者に丁寧に説明。「胸骨圧迫は、強く、早く、絶えまなく続けてください」「胸骨圧迫のテンポは1分間100~120回」といった重要ポイントに加えて、コロナ禍においては飛沫対策として、意識の確認の際に倒れている人の顔と救助者の顔があまり近づきすぎないようする、ハンカチやタオルなどを倒れた人の鼻と口にかぶせるといった説明も。さらにリング上では、当日のプロレス大会を主催するAWGPのスタッフが、佐渡市消防本部のサポートを受けてAEDの使い方などを体験されました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

YouTube蝶野チャンネル3/11配信=【 東日本大震災から10年 忘れない】消防団&レジェンドレスラー追悼&防災啓発メッセージ

2011年3月11日の東日本大震災では、総務省消防庁によると、殉職者256名(行方不明2名)の消防団の方々が亡くなられました。発生時刻14:46は平日の昼間の時間帯であり、地震から津波襲来までの時間に…続きを読む

蝶野さんが神奈川県オリジナルアニメ「かなかなかぞく」の収録を行いました。

(公財)日本消防協会で消防応援団を務める蝶野さんが、神奈川県オリジナルアニメ「かなかなかぞく」の収録を行いました。 「かなかなかぞく」は神奈川県の重点的な政策テーマを、若年層(小・中学生)を対象にアニ…続きを読む

蝶野さんが10/16(日)開催『くらしきハーモニーフェスタ2022』でトークショー「命をつなぐ 思いやりのこころ~蝶野流アンコンシャス・バイアス解消」を行います

蝶野さんが10月16日(日)ライフパーク倉敷で開催される、倉敷市男女共同参画課主催『くらしきハーモニーフェスタ2022』において、「多様性の理解促進・人権の尊重」というテーマのもと、トークショー「命を…続きを読む

蝶野さんが9/25イオンモール茨木『AED体験企画~もしもの時に役に立つ~蝶野正洋のイオンDE防災・救命119』出演します

日本消防協会「消防応援団」ならびに日本AED財団「AED大使」の蝶野さんが、9月25日(日)14:00より、イオンモール茨木1Fジョイプラザで、茨木市消防署協力のもと開催される『AED体験企画~もしも…続きを読む

YouTubeLive「蝶野ネットワーク119~20分1本勝負~」!第4回目、消防団コラボ!ゲストは船橋市消防団の皆様!プロレスラーの鈴木健三さんも参戦されました!

6月19日㈯、YouTube【蝶野チャンネル】で『蝶野ネットワーク119~20分1本勝負~』!第4回目、消防団コラボ!今回のゲストは船橋市消防団13分団3班の皆様でした。また、同分団には後輩レスラーで…続きを読む

最近の投稿

Twitter

Facebook